銭の戦争 第8話

あらすじ

ホワイト化学が経営難に陥った裏に、早和子(ジュディ・オング)の思惑があったことを知った富生(草彅剛)は怒りを抑えきれない。 赤松(渡部篤郎)は、そんな富生をけしかけるように、早和子と特許庁の水越(浅野和之)という男が手を組み、ホワイト化学が出願した特許が降りないよう、画策していたことを教える。翌日、青池ファイナンスの人間を装い水越を訪ねた富生は、ホワイト化学の件で捜査が入るかもしれないと揺さぶりをかけ、さらに、水越が 早和子から金を受け取った証拠をつかもうと、彼の行動を徹底的に調べ始める…。