大岡越前2 第10話 最終回

大岡越前2 第10話 最終回

「天下の大喧嘩」

2014年12月5日放送

あらすじ

尾張の大名・徳川宗春(渡辺大)は、吉宗(平岳大)への対抗心から、江戸の町で狼藉を働いていた。そんな中、宗春は、大岡忠相(東山紀之)の失脚を狙って、父の忠高(津川雅彦)を挑発し、刀を抜かせようとするが、反対に自分の刀で自らを傷つけてしまう。そのことが江戸城内でも大問題となり、将軍家と尾張家は一触即発という事態にまで発展する。解決の為に、忠相は、命をかけて尾張家屋敷へと乗り込んでゆく…。