大岡越前2 第6話

大岡越前2 第6話

「手鎖(てぐさり)御用旅」

2014年11月7日放送

あらすじ

若手同心・片瀬賢太郎(加藤頼)は、大岡忠相(東山紀之)の命を受け、甲州石和から江戸まで文吉という罪人を護送することになった。ある金貸しに傷を負わせ、金子十両を盗んだ罪であったが、この罪には裏があると忠相はにらんでいた。文吉は無宿者であったが、性根の悪い人間ではないことを道中に知ることとなる賢太郎。実は文吉は、昔世話になった奉公先のお嬢様が苦界に身をやつしているのを助けるために罪を犯したのだった…。