連続ドラマW グーグーだって猫である 第4話 最終回

連続ドラマW グーグーだって猫である 第4話 最終回

「運命を味方につける」

2014年11月8日放送

あらすじ

15年後。子猫から老猫まで、大勢の猫たちと暮らす麻子。グーグーは15歳で心臓の薬を飲み腎不全もある。グーグーとの日々を綴った『グーグーだって猫である』が漫画文化賞に選出され漫画文化賞贈呈式の会場に来た麻子は、すっかり人気漫画家となったミナミと久しぶりの再会も果たす。麻子は、小学生のころに千加子(菊地凛子)と出会った日のことを思い出していた。受賞した麻子は、壇上であることを告白する…。