‘37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ まとめ’ カテゴリーのアーカイブ

7年ぶりに声を取り戻したすず(ミムラ)の容態が急変し、そのまま危篤状態に陥る。祐太(草なぎ剛)は意識の戻らないすずに付き添いながら、「患者さんが待っていますから」と周囲の反対を押して通常通りの勤務に就く。 一方、佐伯(松平健)は、伊達(竜雷太)の死を巡る医療訴訟問題を力づくで示談にまとめ、晴れて医学部長に就任。そんな折、下田(八乙女光)がカンファレンスの席で、由美恵(田島令子)から託された手紙を佐伯に渡そうとする…。

急死した伊達(竜雷太)に誤診があったのではないかという由美恵(田島令子)に対し、中島(鈴木浩介)らは伊達が検査を拒否していたため病気の発見が遅れたと説明。病院側に落ち度はないと主張する。一方、祐太(草なぎ剛)ら研修医たちは佐伯(松平健)の医療ミスを疑っていた。 そんな中、下田(八乙女光)が辞表を提出。伊達の担当医として「ちゃんとケリをつけたい」と病院を去る。祐太は、佐伯に入院中のすず(ミムラ)を盾にされて動きを封じられているため何もできず、下田にかける言葉が見つからない…。

佐伯教授(松平健)の高校時代の恩師である伊達(竜雷太)が亡くなった。 新しく准教授となった中島(鈴木浩介)のお披露目勉強会に出席していた佐伯は、伊達が亡くなった知らせを受けるが、意に介さず勉強会という名の酒宴を続ける。 祐太(草なぎ剛)は「佐伯の医療ミス」という疑念を持ち、瑞希(水川あさみ)に相談するが、「これ以上この問題に首を突っ込まないように!」と釘をさされる…。

祐太(草なぎ剛)からプロポーズを受けたすず(ミムラ)は実家を出て祐太のアパートで一緒に暮らし始める。かいがいしく祐太の世話を焼く生活に、すずは充実感を覚えていた。 そんな折、佐伯(松平健)の高校時代の恩師・伊達(竜雷太)が、外来で佐伯の診察を受け、入院することになった。ところが、伊達は事あるごとに「佐伯君を呼べ」と言うばかりで、看護師や担当の下田(八乙女光)を罵倒するなどやりたい放題。検査すら拒否する伊達を、看護師や下田は“モンスターペイシェント”と呼び、困り果てていた…。

祐太(草なぎ剛)のアパートを訪ねてきたすず(ミムラ)は、久しぶりにゆっくり話がしたいと部屋に泊まることに。瑞希(水川あさみ)は2人の様子が気になって仕方がない。 一方、東央医大病院では、利益を上げようとする佐伯(松平健)に圧力をかけられた医師たちが、ベッドの稼働率をあげるため、入院の長引く患者を退院させようとしていた。さらに佐伯は、祐太の影響で患者と親しく話をするようになった研修医たちを問題視。治療にかかる時間を長引かせる原因と考え、患者との交流を控えるよう釘を刺すが…。

瑞希(水川あさみ)と谷口(桐山漣)が、ショッピングモールで男性が倒れる現場に出くわした。瑞希はすぐに応急処置を行うが、谷口は手をこまねいておろおろするばかり。その様子を撮影したネット動画が公開されたことから、谷口の失態は広く知れ渡ってしまう。新見(斎藤工)に「恥さらし」と叱責され、医大の学生からも、「仕事ができない」とバカにされて落ち込む谷口。そんな谷口を心配した祐太(草なぎ剛)はなだめようとするが…。

谷口(桐山漣)が自分と新見(斎藤工)のミスを看護師のせいにしたことから、谷口と直美(真飛聖)の仲は険悪に。直美は、大病院では、医師―看護師の間に目に見えないヒエラルキーが存在する、と祐太(草なぎ剛)に話し、医師への不信感を露わにする。 そんな折、直美の娘・葵(大出菜々子)が病院に現れた。葵は直美の離婚した夫に引き取られていたが、再婚する父親に反発して家を飛び出してきて…。

木島(甲本雅裕)が亡くなったショックから立ち直れない祐太(草なぎ剛)。そんな折、数年前に引退した大女優・羽山早苗(江波杏子)が内科に入院し、祐太が担当になった。早苗は末期の肝がんで、すでに手の施しようがない状況だったが、毎日見舞いに訪れる家族に囲まれ、病状は安定していた。 そんなある日、祐太は見舞いに来た家族に病状を説明しようとするが、家族は話を聞こうとせず、病気のことは本人に話して欲しいと告げて逃げるように帰ってしまった。家族の対応に違和感を覚える祐太だが…。

名刺を配り始めた祐太(草なぎ剛)は患者たちの人気者に。そんな折、祐太は、中島(鈴木浩介)と新見(斎藤工)が末期の膵がん患者・木島啓一(甲本雅裕)に転院を勧めようとしていることを知る。回復の望めない治療を続けるより、ホスピスで最期のケアを受けさせるべきというのだ。しかし中島らの本当の意図は、助からない患者を追い出してベッドの稼働率を上げることだった。 木島に治る見込みはないと宣告し、転院に追い込もうとする新見に反発した祐太は…。

患者とのコミュニケーションを深めようと、入院患者全員に朝の挨拶回りを始めた祐太(草なぎ剛)。担当外の患者に薬を処方したことから新見(斎藤工)に厳重注意を受けて反省はするものの、挨拶回りをやめようとしない。 ところが、そんな祐太に下田(八乙女光)や谷口(桐山漣)、新見が苦情を訴える。祐太が挨拶回りで「何でも相談に乗る」と言ったせいで、患者たちが研修医に使い走りを頼んだり、病状の悪化を勘ぐったりと、誤解が生じているというのだ。瑞希からも「私の患者には近づかないで」と釘を刺されて、祐太は返す言葉もない…。