ボーダーライン 第5話 最終回

ボーダーライン 第5話 最終回

「消防の境界線」

2014年11月1日放送

あらすじ

消火隊長の蔭山(筧 利夫)は、災害現場で部下を亡くしたことで現場を去ったが、東日本大震災の惨状を見て、やるべきことがまだあると感じ現場に復帰した人物だった。そして、明(小池徹平)の消防士としての成長を見て、勇気をもらっていたのだと語る。一方、楓(藤原紀香)は娘の親権を奪われないよう、救命士の仕事を辞めようと決意していた。そんな折、蔭山は明と一緒に入った火災現場で、明が要救助者がいると誤認したことにより猛火に包まれる。消火隊の隊員たちは、救助隊の判断が間違っていたのではないかと疑い、南消防署の雰囲気は最悪の状態に…。