37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ 第10話

37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ 第10話

「医者が忘れてはいけないその重み」

2012年6月12日放送

視聴率:11.2%

あらすじ

急死した伊達(竜雷太)に誤診があったのではないかという由美恵(田島令子)に対し、中島(鈴木浩介)らは伊達が検査を拒否していたため病気の発見が遅れたと説明。病院側に落ち度はないと主張する。一方、祐太(草なぎ剛)ら研修医たちは佐伯(松平健)の医療ミスを疑っていた。 そんな中、下田(八乙女光)が辞表を提出。伊達の担当医として「ちゃんとケリをつけたい」と病院を去る。祐太は、佐伯に入院中のすず(ミムラ)を盾にされて動きを封じられているため何もできず、下田にかける言葉が見つからない…。