37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ 第4話

37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~ 第4話

「医者として僕はそこに線を引く」

2012年5月1日放送

視聴率:13.6%

あらすじ

木島(甲本雅裕)が亡くなったショックから立ち直れない祐太(草なぎ剛)。そんな折、数年前に引退した大女優・羽山早苗(江波杏子)が内科に入院し、祐太が担当になった。早苗は末期の肝がんで、すでに手の施しようがない状況だったが、毎日見舞いに訪れる家族に囲まれ、病状は安定していた。 そんなある日、祐太は見舞いに来た家族に病状を説明しようとするが、家族は話を聞こうとせず、病気のことは本人に話して欲しいと告げて逃げるように帰ってしまった。家族の対応に違和感を覚える祐太だが…。